理事からのメッセージ


理事長メッセージ

 

ストレスのない毎日が あったなら・・・誰もが想うことですね。

 

日常生活で様々なストレスが私たちを取り巻きまく中、少しずつ感じる
「元気がなくなっているかも・・・」

 

そんな時は、あなたの事を わたし達 「IATH」 にお聴かせください。
 
「どう伝えていいのか分からない・・・」
「何が原因なのかも思いつかないのに、なんかモヤモヤ・・・」

 

上手く伝えようとされなくても大丈夫です。
 
経験を積んだセラピスト・カウンセラーが、
音楽やお花、笑顔を携え、あなたの「こころ」に寄り添います。
 
わたし達は、これまでの活動で、

沢山の方々が笑顔になる瞬間に、何度も立ち会わせていただきました。

 

・・・人は皆、自分自身で元気になれる“力”を持っています!
 
その“力”を整え、発揮するために。
そして、希望が溢れる「あなた」の未来のために。

 

どうぞ、わたし達を お役立てください。

 

セラピーやカウンセリングは、元気がないときだけのものではありません。
 
さらに心豊かに、活き活きと過ごしてくために、
こころの窓を開けて、リフレッシュしてみませんか?
 
The International Asociation of Therapists with Hope


わたし達は、希望を携えたセラピスト達(IATH)です。
 
あなたの希望が溢れる未来を、ご一緒に創っていきましょう。

 

               NPO法人IATH 今田みきこ

 

今田理事長ご在住の仙台の花、ミヤギノハギ。

宮城県 日本三景・松島の指定天然記念物「石斛(せっこく)」の花。

瑞巌寺の境内では、薄いピンク色の石斛が咲く様子が見られるそうです。




私は、IATHのフラワーハートセラピーの認定校とともに、フラワーデザイナーとしても活動しており、
2017年には、2つのフラワーデザインコンテストで入賞、1位を受賞するなど、ありがたい評価をいただく光栄にも恵まれ、
花と向き合うことの意義と奥深さをますます感じる日々を過ごしています。

「セラピー」と、「デザイン」の世界は、別物のように思われがちですが、私はフラワーデザインと花のセラピーを学び、それらを通して、花と、自然と、そして人と向き合う日々を過ごしていった月日の中で、本当の意味での花や自然がもたらす力、「癒し」の素晴らしさ、偉大さを深く実感するようになりました。

~花が人を癒すことの素晴らしさを伝えていくこと~

その方法として、「花のセラピー」があることは、とても大きな意味があり、できることはたくさんあるはず、と、可能性の大きさを感じています。その可能性を、協会で、皆様とともに、もっともっと広げていきたいのです。


IATHには、花のセラピーのみならず、さまざまな分野の癒しのスペシャリストが多く所属しています。
各方面で活躍している個々が、それぞれの素晴らしいキャリア、得意分野を活かし、素晴らしい力となって社会に貢献する活動をどんどん広げていければ・・・これまで以上に、それができる協会になっていけたら・・・それが、私の思いであり、希望です。        鈴木じゅんこ  


私は、フラワーハートセラピーや交流分析を学び、IATHと出会いました。

数年前、自分の人生脚本を作ったとき、
その表紙に“キャンパスに向かい、エッフェル塔を描いている姿”を描きました。
無意識に、なりたい自分、理想の自分を描いていました。
そして現在、私はパステルアートを中心に、絵画作家として毎日を送っています。

自己分析し、今抱えている問題にどう対処していくか、
様々な角度から“見る目”を養うことができたから
今の私があると感じています。

これからも、IATHのセラピスト達と共に、多岐にわたる活動に携われることを楽しみにしております。

 南 展代